不妊症治療をしていく中において「排卵誘発剤」というホルモン剤を使用することはご存知の方も多いことと思います。実際に、治療に取り組んでいらっしゃる方においては使用をしているという場合もあるでしょう。今回は、排卵誘発剤を取り入れるスタンスについて考えていきましょう。

■排卵誘発剤とはどのようなホルモン剤なのか
排卵を促したり、質が良く妊娠しやすい環境を整えやすい卵子を複数育てるという効果が期待できるホルモン剤になります。不妊症でホルモン治療を受けるという場合、さまざまな段階でこの排卵誘発剤を使用することも多いようです。

■内服薬の排卵誘発剤
もっとも使用をされているのが内服薬のタイプになります。脳に直接的な働きかけを行えるというのが大きな特徴となっています。このことで、より卵胞を育てやすくしてくれるのです。作用としては比較的な穏やかであるというのも治療を受ける側にとっては大きなメリットとなるでしょう。

■注射としての排卵誘発剤
注射として使用をする場合には、脳ではなく「卵巣」に直接はたらきかけを行います。特徴としては即効性と効果が高いということです。

■それぞれの副作用について
ホルモン剤は副作用が強いといわれてますが、先に触れたとおり内服薬は比較的に軽いということがいえるでしょぅ。注射の場合は、頭痛や吐き気などといった妊娠初期の症状と似ている副作用となります。

■排卵誘発剤への理解をすること
その認知度は高いものの、作用やスタンスなどはあまり知る機会がありません。これから治療に取り組みたいという方や現段階でとリング手いるという方においても改めてこれらについての知識を深めてみてはいかがでしょうか。パートナーと一緒に覚えておきたいことでもあるのです。