不妊症におけるホルモン治療といっても、ホルモン剤の種類やアプローチはさまざまあります。個々の症状や状態に合わせていくことによって妊娠しやすい環境をつくります。その中でも「卵胞ホルモン」「黄体ホルモン」は有名な存在ともいえるでしょう。

今回は、この2つについて改めて考えていきましょう。

■卵胞ホルモン剤とは
卵胞ホルモンが不足状態にあるというときに使用します。期待できる効果としては、子宮内膜のコンディションを正常な形に整えることが出来るということです。このことによって、着床率があがることが期待できますので、不妊症治療においても多く用いられているのです。

■卵胞ホルモンの副作用と治療スタンス
食欲不振・じんましん・吐き気などが考えられるかと思います。内服薬やはり薬を使用するのが治療スタンスになります。それぞれによって先のような副作用の強度は変わってくることでしょう。

■黄体ホルモンについて
応対機能不全など、分泌異常がみられるという場合や、体外受精において着床率をあげるために使用されるのが黄体ホルモンになります。ケースとしては前者の方法で取り入れられることが多いでしょう。

■黄体ホルモンの副作用について
吐き気・頭痛などが主となり、場合によっては情緒不安定などに陥ることもあるでしょう。アプローチとしては、内服薬・注射そして膣座剤というものがあり作用は強め隣増すので医師の指示を守り従うことが大切です。

■不妊症を克服するために
ついついネガティブになりがちですが、このように多角的なアプローチをすることによって妊娠しやすい環境を作ることも可能となっているのです。また、ホルモン剤に対しての知識を持っておくことも安心できる治療という点についてもよいことといえるでしょう。