不妊症治療を進めていく上において代表的な治療が「ホルモン治療」です。これはホルモン剤を使用して妊娠しやすい体内環境を作るのですが、ホルモン剤といってもさまざまな種類ものが存在しています。その中でも今回は「GnRH剤」と呼ばれるものについて見ていきましょう。

■GnRH剤とはどのようなホルモン剤なのか
LH利サージ抑制剤などという呼ばれ方もしている薬剤です。こちらのホルモン剤の効果ですが、排卵を抑制するという効果が期待できるでしょう。治療においては、排卵誘発剤として使用されることが多いようです。

■使用をするケースについて
体外受精もしくは顕微鏡受精の際に、排卵誘発剤で成熟した卵胞が採卵前の排卵抑制という目的で使用されています。GnRH剤そのものの認知度は高いものとはいえないのですが、医療現場においては比較的にメジャーなホルモン剤であるということもいえるでしょう。

■GnRH剤に副作用はあるのか
どのような薬剤においても副作用というものはあるものです。GnRH剤の副作用についてですが、代表的なものとしては不正出血・骨粗しょう症・肩こり・ほてりなどになります。副作用が強いという場合には、医師の指示と判断で治療の方向性が変わることもいります。

万が一、副作用を強く感じるなどという場合には早い段階で医師に報告をするようにしましょう。また、適切に治療を進めていくことによって上記のような副作用を感じない・軽く済ませるということもできるでしょう。

■GnRH剤について知ること
先にも触れたように一般的な認知度は低いGnRH剤ですが、不妊症を改善していく上においてこのような薬剤の存在を知ることによって、さらに理解度も高まるかと思います。実際に使用をするという場合には、医師から直接説明をうけることもあるでしょう。