不妊症の治療の一環として「ホルモン剤」を使ってのアプローチがあるということはご存知の方も多いでしょう。認知度は高いものではありますが、どのような効果があるのかという点についてはご存じない方もいらっしゃるかもしれません。そこで、今回はその効果という部分に焦点をあてていきましょう。

また、あわせて他の疾病などについても見ていきましょう。

■排卵障害に対するアプローチ
排卵作用があるホルモン剤を取り入れていくことによって、その障害を取り除くことができるでしょう。具体的な薬剤としては、クロミフェン製剤・シクロフェニル製剤がこれにあたります。

■着床障害に対するアプローチ
黄体ホルモンの分泌が悪くなってしまうと着床障害をひきおこしてしまいます。そこで使用されるのが黄体ホルモン製剤なのです。このことによって、子宮内膜を整え妊娠しやすい環境へと導きます。

■子宮内膜症へのアプローチ
子宮内膜症の場合においてもホルモン治療を行います。エストロゲンの分泌を抑える「アゴニスト製剤」や「ダナゾール製剤」を投与することが症状を抑制することが出来るのです。また、内服薬から注射・点鼻薬と状態において使い分けることもあるでしょう。

■造精機能障害へのアプローチ
男性の精子の数・運動率が悪いという場合に取り入れるものになります。男性ホルモン製剤とよばれるものを直接補充をすることが多いようですが、クロミフェン製剤を使用するケースもあります。

■さまざまな症状とホルモン治療
あらゆるケースにおいてホルモン剤を使用すること・その効果が期待できるということがお分かりいただけたかと思います。こうしたホルモン剤の効果について知ることは安心できる治療環境にもつながるのではないでしょうか。